モスフードサービス、プリペイドカード番号を二重発行

2020年1月17日 08:36

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 ハンバーガー店チェーン・モスバーガーを手がけるモスフードサービスが、同店舗で利用できるプリペイドカード「モスカード」で使用されるID番号を二重に発行していたことが明らかになった(日経xTECH)。

 これにより、意図せず複数人が1つのカードを共有しているような状況が発生していたという。モスカードのサービスを利用する場合、店頭などで入手できるプラスチック製のカードもしくはスマートフォンアプリが必要だが、プラスチック製カードにすでに印刷されていたID番号を誤ってデジタルカード向けにも提供していしまったのが原因。重複した番号が記載されているカードは9674枚で、うち1286枚が顧客に渡っていたという。

 重複した番号を使っていた顧客については新たなID番号を発行するとともに、2019年6月6日以降の入金については使用の有無を問わず復元し、さらにお詫びとして500円分のポイントを付与する。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ニュース | バグ | IT

 関連ストーリー:
KDDI総研、加速度センサの個体差から固有IDを生成する技術を開発 2016年10月18日
同一のマイナンバーが異なる2人に割り当てられていたことが発覚 2016年02月23日
「dカード プリペイド」のカード番号は容易に推測できる? 2017年03月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードプリペイドカードモスフードサービス

広告

広告

写真で見るニュース

  • 純正パーツを装着したホンダ・S2000(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • ホンダ「S2000」純正バーツ装着イメージ。(画像: ホンダアクセスの発表資料より)
  • 新型アコード。(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース