Chromiumベースの新Edge、延長サポート終了後もWindows 7をサポート

2020年1月16日 17:23

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 headless曰く、

 Windows 7の延長サポート終了翌日に正式版がリリースされるChromiumベースの新Microsoft Edgeだが、延長サポート終了後もWindows 7をサポートするそうだ(NeowinSoftpedia)。

 GoogleはMicrosoftによるサポート終了から少なくとも18か月はGoogle ChromeでWindows 7をサポートする計画を明らかにしている。Microsoftは当初、少なくともGoogle Chromeと同じ期間は新Microsoft EdgeでWindows 7をサポートするとNeowinに声明を出していたそうだが、その後声明から期間に関する部分を削除したとのこと。Neowinでは有料セキュリティアップデートオプションWindows 7 Extended Security Updates(ESU)が提供される3年間、新Microsoft EdgeでWindows 7をサポートするのではないかとの見方を示している。

 なお、Vivaldiも少なくともGoogle Chromeと同期間、Windows 7をサポートする方針とのことだ。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | アップグレード | セキュリティ | マイクロソフト | インターネット | Chromium

 関連ストーリー:
Windows 7のサポートが本日で終了 2020年01月14日
Google Chrome、Microsoftによるサポート終了から少なくとも18か月はWindows 7をサポート 2020年01月12日
Windows 7、4分の1以上のシェアを維持したまま2019年を終える 2020年01月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleセキュリティMicrosoftWindowsWindows 7ChromeMicrosoft EdgeChromium

関連記事

広告