エトセンス、2020年春夏コレクション発表 “結び”で見出す新たな表現

2020年1月14日 20:25

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 エトセンス(ETHOSENS)は2020年春夏コレクションを発表した。

■「結び」素材やモチーフで示す“結合”

 エトセンスの今季のコレクションテーマは「結び」。糸で縫って口を結んだポケットや、シャツに走らせたステッチ、2本以上の糸を撚り合わせた“双糸”を効果的に用いたテキスタイルなど、様々な要素で“結合”を表現していく。

 物体を“結ぶ”代表的な道具である“ロープ”を取り入れた特徴的なデザインは、コレクションの中でも目を惹く。ジャケットのボディやパンツのウエストに配したロープは、機能面でベルトの役目を果たしている一方、好きな形に結んだり、あえて長めに垂らしてみたりと個性を表現するパーツとしても存在感を発揮する。


 単色で構成するコレクションの中で、唯一現れるパターンも“ロープ”から着想したもの。幾何学的なビジュアルが独創的な雰囲気を醸し出す。

 シルクやレーヨンといった艶やかさや滑らかさが際立つ素材がメインの中で異彩を放つのが、“蜂巣織り”で立体的な表面を形成したジャケットやパンツだ。全体的に大きく取ったシルエットのドレープ感と、“蜂巣織り”のテキスタイルを組み合わせることで、ユニークな表情を呈する一着に仕上げた。

■ブランド初、ウィメンズウェアを展開

 また、エトセンスは今季、メンズだけでなく、ウィメンズウェアも展開する。メンズウェアのクリエイションを主としつつ、昨季2019-20年秋冬コレクションでは、コレクションルックに女性を起用するなどジェンダーの垣根を超えたスタイルを提案してきたが、ウィメンズウェアとしてアイテムをリリースするのはブランド初だ。

 登場するウィメンズウェアは、メンズウェアと共通した外見。しかし「男性と女性では本来、身体の作りが全く違う。服を着た時のデザイン、特性を最大限に活かすためにメンズとウィメンズを分別して服作りをしたかった。」と語るデザイナー・橋本唯は、敢えてユニセックスという括りでなく、パターンやシルエットを細かく調整し、女性のためだけの服を制作した。

 色彩はブラウンやカーキ、ブラック、グレーなどでナチュラルに。日常に溶け込むようなクラシカルなスタイルをベースに、“一捻り”が効いたディテールが映える服。一貫したコンセプトを携え、エトセンスは新たな領域へと足を踏み入れる。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードエトセンス(ETHOSENS)2020年春夏コレクション

広告