服装を記録して同じ服装であることを通知するネットワーク対応鏡

2020年1月10日 17:31

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 パナソニック傘下のShiftallが、服装を記録して前回と同じ服装だった場合に警告を行う機能を備えた鏡「Project: NeSSA」を発表した(ITmedia)。

 鏡面部分がハーフミラーになっており、その背面に内蔵されているカメラで服装を記録する。ネットワーク経由でカレンダーアプリと連携してスケジュールを取得し、会う予定のある人と前回会ったときと同じ服装だった場合に本体内蔵のランプでその旨を通知するという。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | テクノロジー | ハードウェア

 関連ストーリー:
毎日同じ服を着ると生産性が高くなる? 2012年10月06日
「洗わずに100日間着ても大丈夫」というシャツ 2013年05月08日
流行に敏感な人が同じ格好に見える理由を数学者が解明 2014年11月21日
女の子が洋服を買ってきてくれる 男性向けファッション代行サービス 2012年07月20日
H&MのWebサイトに着せ替え対応バーチャルモデルが登場 2011年12月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードパナソニック

広告

広告