米国防総省、米企業に対し5G技術のオープン化を求める

2019年12月29日 22:12

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 米国国防総省が、米国内の通信機器メーカーにオープンな形で5G対応ソフトウェアを開発するよう要請しているという。5Gでは中国の華為技術(Huawei)が多くの技術を有していることが背景にあるようだ(FinancialTimes日経新聞ITPro Slashdot)。

 ただ、5G関連技術をオープンソースにすると、Cisco SystemsやOracleといった米IT企業が影響を受ける可能性もある。これについて米国防総省のリサ・ポーター研究開発担当国防副次官は、5Gネットワーク技術をオープンにしない企業はビジネス的にリスクを負うことになると述べたという。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | ビジネス | ネットワーク | 携帯電話 | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
中国、フェロー諸島に対し自由貿易協定の見返りにHuaweiの5G設備を導入しろと圧力をかける 2019年12月12日
Huawei、エンティティリスト入りの逆風にもかかわらず66%もの成長 2019年11月06日
Huawei、2019年第1四半期~第3四半期のスマートフォン出荷台数は前年比26%増 2019年10月20日
5G基地局は4G基地局の3倍の消費電力を必要とし、かつ設置数も約100倍必要 2019年07月31日
5G普及のため、国が基地局の設置費用の一部を負担へ 2019年06月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカ中国Oracleファーウェイ(Huawei)オープンソース

関連記事

広告