Appleの情報盗んだ中国出身エンジニア、パトリオットミサイルの情報も

2019年12月15日 10:36

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 maia曰く、

 Appleの自動運転車開発プロジェクト「Titan」に参加していた技術者Jizhong Chen(陳継忠、中国生まれ、米国籍)が情報を盗んで中国のEVベンチャーに転職、出国しようとした直前に捕まったのだが(AFPITmedia)、彼の家を捜索したところ、パトリオットミサイルの機密情報が出てきたそうだ(Engadget日本版)。

 前職はレイセオンだったのだが、さらに以前在籍したGEの情報も見つかったそうだ。実は昨年にもTitanプロジェクトの情報や部品を持ち逃げしようとした技術者Xiaolang Zhang(張暁浪)が逮捕されている(AFP)。彼らは保釈金を払って釈放されているようだが、Appleは法廷で彼らは(電子的に)位置を(モニターされているようだが)モニターしていなければ逃亡を試みるだろうと述べたそうだ(BusinessInsider)。

スラドのコメントを読む | アップルセクション | ビジネス | アップル | 中国

 関連ストーリー:
Twitter社従業員、サウジアラビア王室批判投稿者の個人情報をサウジアラビア関係者に売る 2019年11月09日
中国のサイバー攻撃集団によるものとみられる医療業界を狙った攻撃、2013年より継続中との分析 2019年08月28日
米航空宇宙企業から企業秘密を盗もうとしたとして中国国家安全省次官が逮捕される 2018年10月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード自動運転Apple