Apple、Aシリーズプロセッサ開発に携わっていた元従業員を提訴

2019年12月13日 18:54

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 Appleが、CPUのリード・アーキテクトとしてしられる元従業員に対し、契約違反として米カリフォルニア州で裁判を起こした(Engadget日本版Slashdot)。

 提訴されたのは、プラットフォームアーキテクチャ担当シニアディレクターとしてAシリーズプロセッサの開発を主導していたジェラルド・ウィリアムズ三世(Gerard Williams III)氏。

 氏は今年初めにAppleを退社し、2人の元Apple幹部とともに半導体スタートアップNuviaを設立した。Appleはこれについて契約違反だと主張している。。また、AppleはAシリーズプロセッサに自らの技術を組み込み、その技術ごとAppleにNuviaを買収させようとする目論見だったとも述べている。

 ウィリアムズ氏によると、この主張はカリフォルニア州の法律では法的強制力がないという。また、これらの根拠となっているメッセージはAppleが違法に収集したものだとも主張している。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | ビジネス | 法廷 | アップル | お金

 関連ストーリー:
仮想通貨「GayCoin」を試した結果同性の恋人ができたロシア人男性、Appleを提訴 2019年10月09日
App Storeのルールは独禁法違反だとして開発者がAppleを提訴 2019年06月10日
EU、Spotifyの訴えを受けてAppleを独禁法違反で調査へ 2019年05月09日
Apple、鉛フリーハンダ合金に関する特許の侵害で訴えられる 2018年07月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードスタートアップApple半導体

広告