全国約50の自治体使用するクラウド不具合、別の不具合見つかり未だ復旧せず

2019年12月11日 09:35

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 12月4日より日本電子計算のクラウドで障害が発生し、全国約50自治体に影響が出ているが、復旧予定とされていた12月9日になってもシステムは復旧していない。日本電子計算の発表によると、当初はストレージシステムのファームウェアに不具合があるとされていたが、これとは別の不具合が発生しているという(日経xTECHITmedia日本電子計算の発表)。

 現在復旧の見通しは立っていないとのことで、「当初計画の大幅な見直しが必要であると判断している」という。

 なお、当初発生していたストレージの問題は、「Dell EMC Unity 500」の特定のファームウェアで特定の並列処理機能を使うと不具合が出るというものだったという(日経xTECH)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | クラウド | バグ | インターネット

 関連ストーリー:
日本電子計算のクラウドで障害、全国約50自治体に影響 2019年12月06日
マイナンバーを使った「情報提供ネットワークシステム」で障害、「マイナポータル」の一部も利用不可に 2019年12月03日
データセンターの電源トラブルで楽天ペイと楽天カードが一時使用できない状況に 2019年11月25日
Office 365やMicrosoft 365で立て続けに障害発生 2019年11月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードクラウドファームウェア

広告