日本電子計算のクラウドで障害、全国約50自治体に影響

2019年12月7日 19:53

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 NTTデータ傘下の日本電子計算が提供しているクラウドサービス「Jip-Base」でストレージ障害が発生し、このサービスを利用している全国約50の自治体のシステムで影響が出ているという(日本電子計算の発表日経新聞日経xTECH)。

 ストレージシステムのファームウェアに不具合があり、データへのアクセスができなくなったのが原因。先日「HPEのサーバーやストレージで使われているSSDで不具合、SHRT_MAX+1時間の稼働でデータ喪失」という話もあったが、今回の障害はHPEのストレージ問題とは関係ないという(日経xTECHの続報日本電子計算の発表2)。

 障害の影響で、中野区では戸籍関連の証明書の発行ができなくなったほか、中野区・練馬区で区の運営する一部のWebサイトが閲覧できなくなる、愛知県岩倉市・津島市・蟹江町・東浦町・美浜町や福井県若狭町で転出入の届出や税務処理ができなくなるといったトラブルが発生している。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | NTT | バグ | IT

 関連ストーリー:
Office 365やMicrosoft 365で立て続けに障害発生 2019年11月21日
AWS東京リージョンで大規模障害、原因は冷却システムの故障 2019年08月26日
Microsoft Azure、DNSの設定変更に失敗して全世界的に一時サービス障害 2019年05月14日
完全復旧までに24時間を要したGitHubの障害は43秒のネットワーク切断がきっかけだった 2018年11月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNTTデータファームウェア

関連記事

広告

財経アクセスランキング