NY原油:上昇、主要産油国は日量50万バレルの減産量拡大で合意

2019年12月7日 08:41

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*08:41JST NY原油:上昇、主要産油国は日量50万バレルの減産量拡大で合意
NYMEX原油1月限終値:59.20 ↑0.77

6日のNY原油先物1月限は上昇。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物1月限は前日比+0.77ドルの1バレル=59.20ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めた取引レンジは57.70ドル−59.85ドル。石油輸出国機構(OPEC)の協調減産量の拡大を好感した買いが入った。OPECは6日、非加盟の産油国と閣僚級会合を開催し、協調減産を日量50万バレル拡大し、減産規模は同170万バレルとなる。追加減産は来年1月から導入される。《MK》

広告

広告

写真で見るニュース

  • レーシングマシン走行(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 開会式用公式服装姿を披露するアスリートたち
  • 画像はイメージです。
  • リサイクルペットボトルによる720mlペットボトル商品。(写真:サントリーグループ発表資料より)
  • ネイティブキャンプ英会話のイメージ。(画像: ネイティブキャンプの発表資料より)
  • 718 ボクスター GTS 4.0(画像: ポルシェの発表資料より)
  • 新型名阪特急「ひのとり」。(画像: KNT-CTホールディングスの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース