米学生ら、TikTokが個人情報を中国に転送したとして集団訴訟を起こす

2019年12月6日 10:04

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 中国・ByteDanceが提供する動画投稿サービス「TikTok」に対し、米国で集団訴訟が発生した。原告らは同社が中国に個人情報を転送していると主張している(Reuters)。

 原告らは、TikTokがユーザーが利用している端末や閲覧したWebサイトの情報といった個人情報を今年4月に中国の2つのサーバー(bugly.qq.comとumeng.com)に転送したと主張。一方TikTokは米国のユーザー情報はすべて米国内に保存したと主張している。

 TikTokを運営するバイトダンス・テクノロジーを巡っては、米動画アプリ「Musical.ly」(ミュージカリー)の買収について、対米外国投資委員会(CFIUS)が国家安全保障上の脅威がないか調査を進めている。TikTok側も米政府の安全保障上の懸念に対応するため、TikTokを中国事業の大半から切り離す取り組みを強化しているという。このほか、TikTokの親会社が新疆ウイグル自治区での弾圧に加担していたという情報も出ている

 スラドのコメントを読む | ITセクション | インターネット | アメリカ合衆国 | 中国 | プライバシ

 関連ストーリー:
米上院議員、米国企業が中国にデータを保存することを禁ずる法案を発表 2019年11月26日
TikTokに対し中国政府による介入を懸念する声 2019年11月01日
インド、人気動画共有アプリ「TikTok」のダウンロードを禁止 2019年04月24日
インドの決済会社Paytm、政府に個人情報を引き渡した疑いが持たれる 2018年06月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカ中国安全保障買収TikTok

広告