ファーウェイの最新スマホ「Mate 30」シリーズ、米国製部品使われず

2019年12月5日 09:37

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 米国によって規制対象企業とされ、米国との取引が難しくなっている中国・華為技術(HUAWEI、ファーウェイ)だが、同社の最新スマートフォン「Huawei Mate 30」シリーズは米国製の部品を使うことなしに製造されているという(MarketWatchSlashdot)。。

 日本のUBSおよびFomalhaut Techno SolutionsがMate 30の内部検査のために分解したところ、米国製の部品はまったく使われていなかったという。Mate 30には、iPhone 11と競合する湾曲したディスプレイや広角カメラを備えており、こうした機能を備えた製品が米国製部品無しに作られていることは脅威と言える。同様の内部検査を米国のiFixitとTech Insightsも行っているが、同じ結論に達したとしている。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | 携帯電話 | アメリカ合衆国 | 中国

 関連ストーリー:
米商務省、MicrosoftのHuaweiに対する「マスマーケット向けソフトウェア」輸出ライセンスを認可 2019年11月24日
米商務省、Huaweiに対する一時的な一般ライセンスを再び90日延長 2019年11月22日
Huawei、エンティティリスト入りの逆風にもかかわらず66%もの成長 2019年11月06日
Huawei、2019年第1四半期~第3四半期のスマートフォン出荷台数は前年比26%増 2019年10月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカ中国iPhoneファーウェイ(Huawei)iFixitiPhone 11

広告