ピジョン 急落、インバウンド需要減少などで業績下方修正

2019年12月3日 10:50

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:50JST ピジョン---急落、インバウンド需要減少などで業績下方修正
ピジョン<7956>は急落。前日に第3四半期決算を発表、累計営業利益は139億円で前年同期比17.6%減益となり、市場予想を15億円程度下回った。また、通期予想は従来の200億円から168億円に下方修正、市場コンセンサスを30億円程度下回っている。中国事業の売上下振れや利益率の悪化、インバウンド需要の減少などが背景になっている。予想意以上の業績下振れにネガティブなインパクトが先行している。《US》

広告