NY原油:反落、OPEC総会での協調減産の可能性低い

2019年11月30日 09:09

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:09JST NY原油:反落、OPEC総会での協調減産の可能性低い

NYMEX原油1月限終値:55.17 ↓2.94

29日のNY原油先物は反落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物12月
限は前日比-2.94ドルの55.17ドルで通常取引を終えた。米中貿易交渉が決裂し成長が損なわれ需要が鈍化するとの懸念が浮上した。石油輸出国機構(OPEC)加盟国、非加盟国が来週の総会で、協調減産を拡大させる可能性は少ないとの報道も売り材料となった。《TN》

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース