東大宇宙線研究所などが観測のガンマ線バースト、従来の10倍以上のエネルギーを確認

2019年11月25日 17:42

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 東京大学宇宙線研究所などの研究チームが1月14日、カナリア諸島ラパルマ島のチェレンコフ望遠鏡「MAGIC」でガンマ線バーストを観測したことを発表した産経新聞日経新聞soraeAFPナゾロジーSlashdot)。

 今回観測されたガンマ線バーストでは、観測されたエネルギーは1TeVと過去最高であり、ガンマ線の発生機構として今まで考えられていたシンクロトロン放射以外のメカニズムがあることが明確になったという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス | 宇宙

 関連ストーリー:
中性子星合体の現象を重力波で観測することに成功 2017年10月18日
西暦 774~5 年の炭素 14 増加は、銀河系内で発生した中性子星・ブラックホール衝突が原因か 2013年01月23日
Swift と MAXI、星がブラックホールに吸い込まれる瞬間を観測する 2011年08月29日
NASA、1週間以上活動を継続しているガンマ線バーストを発見 2011年04月11日
NASA のガンマ線バースト観測衛星 Swift、観測装置に影響を与えるほどのガンマ線バーストを検出 2010年07月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード東京大学

広告