NY為替:【市場反応】米・10月景気先行指数、10月中古住宅販売件数、ドル買い優勢

2019年11月22日 00:16

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*00:16JST NY為替:【市場反応】米・10月景気先行指数、10月中古住宅販売件数、ドル買い優勢
 日本時間22日午前0時に発表された米・10月景気先行指数(コンファレンス・ボード)は予想通り、前月比-0.1%となった。また、米・10月中古住宅販売件数は予想を下回り、546万戸となった。


 発表後、ドル・円は108円59銭から108円66銭まで上昇。ユーロ・ドルは1.1082ドルから1.1076ドルまで下落しており、ドル買いが優勢になっている。NYダウは30ドル安ほどで下落幅を縮小気味、米10年債利回りは1.77%台に上昇している。

【経済指標】
・米・10月景気先行指数:前月比-0.1%(予想:-0.1%、9月:-0.2%←-0.1%)
・米・10月中古住宅販売件数:546万戸(予想:549万戸、9月:536万戸←538万戸)《KK》

広告