米連邦最高裁、Java APIの著作権侵害をめぐるGoogleの上告を受理

2019年11月20日 18:43

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 headless曰く、

 米連邦最高裁判所は15日、Java APIの著作権侵害をめぐるGoogleとOracleの裁判でGoogleの上告を受理した(裁判所文書PDFThe VergeArs TechnicaThe Register)。

 この裁判は2010年にOracleがGoogleにJavaの知的財産を侵害されたとして訴えていたものだ。このうち、特許侵害については早々に決着が付き、Java APIが著作権保護の対象になるという判決が確定しており、現在はGoogleによるJava APIの使用がフェアユースに当たるかどうかが争点となっている。ただし、GoogleはJava APIが著作権保護の対象にならないとの主張も続けている。

 これまでの裁判の流れを以下にまとめておく。

 2010年8月: Javaの特許および著作権を侵害されたと主張するOracleがGoogleを提訴  
 2012年5月:カリフォルニア北部地区連邦地裁、陪審は著作権侵害あり特許侵害なしと評決。判事はJava APIのGoogleがコピーした部分は著作権で保護されないと判断 
 2014年5月:連邦巡回区第9控訴裁判所、Java APIのGoogleがコピーした部分は著作権で保護されると判断。フェアユースに当たるかどうか判断するよう連邦地裁に命ずる 
 2015年6月:連邦最高裁、Googleの上告を棄却  
 2016年5月:連邦地裁、GoogleによるJava APIの使用はフェアユースに当たると判断 
 2018年3月:連邦控訴裁判所、GoogleによるJava APIはフェアユースに当たらないと判断 
 2018年8月:連邦裁判所、全法廷での再審理を求めるGoogleの請求を却下  
 2019年1月: Googleが再び連邦最高裁に上告

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Google | アメリカ合衆国 | 法廷 | スラッシュバック | Oracle | Java | 著作権 | デベロッパー

 関連ストーリー:
Google、最高裁に対しソフトウェアインターフェースに対する著作権の扱いについて再考を求める 2019年01月29日
Java APIをめぐるOracleとGoogleの裁判、Googleは再び連邦最高裁に上訴する構え 2018年09月01日
OracleとGoogleがJava APIの著作権を巡って争っていた裁判、控訴審はOracle勝利 2018年03月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権著作権侵害GoogleJavaOracle特許

広告