Universal Dependencies 2.5がリリース

2019年11月17日 21:19

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

yasuoka 曰く、  Universal Dependencies 2.5がリリースされた。

Universal Dependencies 2.5は90の言語にまたがるツリーバンクで、UDPipe・StanfordNLP・NLP-Cubeなどの解析エンジンと組み合わせて、係り受け解析に用いることができる。半年前のUniversal Dependences 2.4から、ボージュプリー語、コミ・ペルミャク語、リッヴィ・カレリア語、モルドビン語(モクシャ)、スコットランド・ゲール語、スコルト・サーミ語、スイス・ドイツ語が増えている。また、日本語ツリーバンクUD_Japanese-GSDはCC-BY-SAライセンスに変更された(NCが消えた)ので、商用利用も可能となった。古典中国語(漢文)ツリーバンクUD_Classical_Chinese-Kyotoともども、ぜひ言語解析に使ってほしい。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | テクノロジー | 人工知能 | IT

 関連ストーリー:
Universal Dependencies 2.4がリリース 2019年05月18日
MITの研究チーム、文法や構文の注釈を入れた非ネイティブ英語話者による英文のデータベースを公開 2016年07月31日
Google、高精度の英語パーサー「Parsey McParseface」をオープンソース化 2016年05月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告