Facebookも「ペイサービス」に参入 名称はFacebook Payに

2019年11月15日 18:39

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 Facebookは11月12日、新しい決済機能「Facebook Pay」をを発表した。まずはFacebookとMessengerのみ、かつ米国ユーザーに限り利用できるという。将来的にはグループ会社が提供するInstagram、WhatsAppでも使えるようになる模様。

 Facebookにはこれまでも、デビットカードやPayPalを使い、支払いや個人間送金を行える機能が存在したが、Facebook Payはこれを拡張したものになるす。ほとんどの主要なクレジットカードやデビットカード、PayPalでの支払いがサポートされているとのこと。ただし、議論を巻き起こしている暗号通貨LibraのウォレットアプリCalibraとは別物だと強調している(EngadgetTechCrunch)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | Facebook | IT | お金

 関連ストーリー:
Facebook、新しい企業ロゴを発表 2019年11月07日
Facebookが「性的な意味で茄子と桃の絵文字を使う」ことを禁止 2019年11月01日
PayPal、Libra協会への参加を取りやめ 2019年10月09日
Facebook、新しい暗号通貨「Libra」に対応するデジタルワレット「Calibra」を発表 2019年06月21日
Facebookが1年半で停止処分にしたアプリは数万本 2019年09月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードFacebookInstagramクレジットカードWhatsAppペイパル(PayPal)デビットカード

広告