SamsungのDRAM工場でクリーンルーム汚染、数百万ドルの被害

2019年11月15日 09:17

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 韓SamsungのDRAM工場でクリーンルーム内の汚染が発生、それによって200mmウェハの破棄が行われたとのこと(PC PerspectiveTechPowerUptom's Hardware)。

 これによるSamsungの損害は数百万ドルにも相当すると報じられている。Samsungは主要DRAMメーカーの1つであり、これによってDRAM価格が将来的に上昇する可能性も指摘されている。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ビジネス | ハードウェア

 関連ストーリー:
クリーンルーム内でも見つかる微生物、洗浄剤を栄養源としていた 2018年06月12日
中国企業によるDDR4 DRAM生産、遅くとも来年には量産開始へ? 2019年09月27日
DRAM価格の下落は止まらない? 2019年08月05日
DDR4メモリやSSDの価格は今後上昇する? 2019年07月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードSamsung

関連記事

広告

財経アクセスランキング