東証業種別ランキング:パルプ・紙が下落率トップ

2019年11月14日 16:34

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:34JST 東証業種別ランキング:パルプ・紙が下落率トップ
パルプ・紙が下落率トップ。全般軟調となるなか、市況軟化に伴い業績の下方修正を発表した北越コーポ<3865>が5.9%下落し指数を押し下げた。そのほか、繊維業、ゴム製品、鉄鋼、海運業、電力・ガス業、ガラス・土石製品などが下落率上位につづいた。一方で情報・通信業、水産・農林業の2業種のみが小幅に上昇した。


1. 情報・通信業 / 3,790.41 / 0.26
2. 水産・農林業 / 535.93 / 0.22
3. 医薬品 / 3,037.9 / -0.16
4. 精密機器 / 7,743.79 / -0.47
5. サービス業 / 2,234.56 / -0.47
6. 証券業 / 339.68 / -0.48
7. 食料品 / 1,762.34 / -0.48
8. 陸運業 / 2,379.9 / -0.52
9. 空運業 / 287.68 / -0.61
10. 不動産業 / 1,490.04 / -0.71
11. その他製品 / 3,006.79 / -0.77
12. 小売業 / 1,263.71 / -0.83
13. 非鉄金属 / 927.42 / -0.84
14. 倉庫・運輸関連業 / 1,705.23 / -0.88
15. その他金融業 / 614.64 / -0.99
16. 保険業 / 1,001.53 / -1.12
17. 鉱業 / 298.48 / -1.13
18. 卸売業 / 1,538.85 / -1.17
19. 電気機器 / 2,519.58 / -1.17
20. 建設業 / 1,189.8 / -1.23
21. 銀行業 / 150.3 / -1.28
22. 金属製品 / 1,164.46 / -1.34
23. 化学工業 / 2,037.73 / -1.39
24. 石油・石炭製品 / 1,115.43 / -1.39
25. 機械 / 1,842.88 / -1.46
26. 輸送用機器 / 2,859. / -1.47
27. ガラス・土石製品 / 1,058.99 / -1.52
28. 電力・ガス業 / 408.72 / -1.54
29. 海運業 / 285.63 / -1.59
30. 鉄鋼 / 379.2 / -1.89
31. ゴム製品 / 3,208.53 / -2.06
32. 繊維業 / 654.53 / -3.18
33. パルプ・紙 / 521.08 / -3.34《US》

広告

写真で見るニュース

  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
  • さんすて岡山飲食ゾーンのイメージ(JR西日本など発表資料より)
  • 使用されているスーパーコンピュータ(画像: IBMの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース