ローブス&コンフェクションズ オム、20年春夏コレクション発表

2019年11月14日 09:27

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ローブス&コンフェクションズ オム(robes&confections HOMME)は、2020年春夏コレクションを発表した。

■服地の流れと柄が呼応する

 ダブルのジャケットにタックワイドパンツを組み合わせたストライプのセットアップは、ジャケットよりもパンツの方が線の幅が細い。そうすることで、より自然に服地の流れと生地の模様が呼応し、均整の取れた佇まいが生み出されている。また、生地の上質感は品格を思わせ、身体と程良い距離感のゆとりを持たせた仕立ては、少々のラフさ、ゆるさをもたらしており、服を構成する様々な要素のバランスが、定まるべき着地点に定まっている。

■セットアップの多彩なバリエーション

 また、ラペルを大きく仕立てたダブルのロングジャケットや、センタープレスのショートパンツなど、多彩なフォルムを用意することでセットアップのバリエーションを幅広く展開。オーバーサイズのロングジャケットは、Tシャツの上からガウンのように羽織ることで、春夏らしく開放感のある雰囲気を演出する。

■現代に溶け込む柔らかさ

 注目したいポイントは、現代の空気感にフィットする“柔らかさ”。70年代ファッションからヒントを得たという、缶バッジを着けたスカジャンは、よく見るとニット地で仕立てられている。スカジャンから連想されるつやつやとした光沢は、ニット地が織り成すマットな光沢感に変わり、しなやかな質感が落ち着いたムードを漂わせる。

 その他にも、風合い豊かなパイル地を用いたオーバーサイズのブラウスや、ドレープを描く七分袖のパーカー、さらりと羽織ることのできるテーラードカラーのシャツジャケットなどが登場。意外なほどに柔らかいファブリックで仕立てられたウェアは、身体を緊張から解き放ちつつ、風景に溶け込むような自然さとともに美しいシルエットを描いていく。

■色彩で表情を変えるフレンチリネン

 オレンジ、イエロー、ブルーといった鮮やかなネオンカラーのシャツには、上品な光沢感を備えたフレンチリネンを採用している。軍礼服の側章を思わせるサイドラインを配したデニムワイドパンツを組み合わせ、明るくコンフォートな雰囲気に。その一方で、ブラックに染め上げたロングシャツは、凛とした空気が漂っているのが印象的だ。アンクル丈のストライプパンツにブラックのハット、レザーのシューズといった、キリッとした表情のアイテムを組み合わせることで、優雅さを際立たせている。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード2020年春夏コレクション

広告

財経アクセスランキング