Samsung、独自のCPUコア開発プロジェクトを中止

2019年11月12日 21:35

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 韓国・Samsungは独自のCPUコア開発を行っているが、これが中止されることになるようだ(ハンギョレtelektlist)。

 同社は独自コアを採用したプロセッサ「Exynos」リシーズを開発・展開しており、このプロセッサはGalaxyシリーズスマートフォンなどで採用されている。ただ、同プロセッサは現状はARM系コアと独自コアの混成構造となっている。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ビジネス | ハードウェア

 関連ストーリー:
Tizen 3.0を搭載した「Samsung Z4」発表、一部スペックはZ3から退化 2017年05月16日
STMicroelectronics、Samsung とファウンドリ契約を締結 2012年10月09日
ロシア独自のCPU「Elbrus-8S」搭載PCとサーバーが初公開される 2017年05月28日
世界最速のスーパーコンピュータ「神威太湖之光」が採用する中国独自CPU「SW26010」の概要が明かされる 2017年04月24日
Apple、iOSデバイスのGPUも独自開発へ 2017年04月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード韓国SamsungGalaxyARM

広告

広告

写真で見るニュース

  • マイナーチェンジされたC-HR(画像: トヨタ自動車の発表資料よより)
  • タイで観測されたふたご座流星群 (c) 123rf
  • twiice社の食べられるコーヒーカップ。(画像:ニュージーランド航空発表資料より)
  • DMMかりゆし水族館のイメージ(大和ハウス工業提供)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • Mazda MX-30(欧州仕様)(画像: マツダの発表資料より)
  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
 

広告

ピックアップ 注目ニュース