Adobe、コンテンツの真正性を検証できるようにするための仕組みを発表

2019年11月9日 09:14

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 AdobeがNew York Times、Twitterと共同でコンテンツの真正性を検証できるようにするための取り組みを開始すると発表した(AdobeEngadgetカミアプSlashdot)。

 Adobeはコンテンツに対し、クリエイターや出版社が著作権者などの属性をセキュアに埋め込むことができる技術「Content Authenticity Initiative(CAI)」を開発する。これを利用することで、コンテンツの著作権者が誰なのか、コンテンツが改変されていないかなどを検証できるようになる。

 この仕組みは基本的にほとんどのデジタルコンテンツに付与できるように開発を進めており、画像や動画、音楽などのコンテンツに限らず、例えばニュースといったテキスト情報にも付与できるようになるとしている

 スラドのコメントを読む | YROセクション | テクノロジー | 著作権

 関連ストーリー:
Google、Webページのコンテンツ制作者を示す記法をサポートへ 2011年06月12日
J/Meta準拠のコンテンツ・メタデータ管理ツール配布開始 2006年06月24日
3Dコンテンツの共有・改変サービス、無断投稿や改変の可能性があるとの批判を受けて終了 2016年05月17日
JPEG、偽ニュースや著作権侵害対策にブロックチェーンを利用する技術を開発へ 2018年08月17日
「ブロックチェーンで著作権を保護」という話 2017年04月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権TwitterAdobe