岩手県野田村、防災無線で誤って「ゲリラ攻撃の可能性がある」と送信

2019年11月8日 21:45

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 岩手県野田村で11月7日、防災無線で「ゲリラ攻撃情報、ゲリラ攻撃の可能性があります」とのアナウンスが2度に渡って放送されたそうだ(産経新聞NHK)。

 当時委託業者が機器の交換作業を行っており、試験的に音声を流す際に操作を誤ったのが原因だという。10分後に誤報との訂正が流されたが、村民からは問い合わせが相次いだそうだ。

 誤操作で間違った情報が流れた、という話は理解できるのだが、なぜそこに「ゲリラ攻撃」という選択肢があったのかが謎。ゲリラ攻撃のターゲットになるような施設が隠密に設置されていたりするのだろうか。

 全国瞬時警報システム(Jアラート)では想定される武力攻撃事態の1つとして「ゲリラ・特殊部隊による攻撃」があるそうで、そのためこういった警報が用意されているようだ。

 スラドのコメントを読む | idleセクション | ニュース | 変なモノ | idle | 政府

 関連ストーリー:
NTTドコモも緊急警報を誤って送信、SIMフリー端末などが繰り返し警報を受信する事態に 2018年01月22日
日本でも北朝鮮ミサイル発射の誤報、こちらも誤操作が原因 2018年01月18日
ハワイで誤ってミサイル警報が出される、原因は職員の操作ミス 2018年01月17日
都内CATV2社、防災行政無線をテレビ経由で流す実証実験を開始 2015年04月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード岩手県