フィアットクライスラーとプジョーの合併計画、世界第4位の自動車メーカーに

2019年11月3日 21:12

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Groupe PSAとFiat Chrysler Automobiles(FCA)は10月31日、合併して新グループを設立する計画を発表した(プレスリリースArs Technicaの記事SlashGearの記事)。

合併比率は1:1。新グループの資産の50%をGroupe PSAの株主が所有し、残り50%をFSAの株主が所有する。FSAはフィアットおよびクライスラーのほか、ジープやラム、アルファロメオ、マセラティなどのブランドを持ち、Groupe PSAはプジョーやシトロエン、オペルなど5つのブランドを持つ。合併により高級車から大衆車、商用車まで幅広いブランドが揃うことになる。FSAは北米と南米で強く、Groupe PSAは欧州で強いことから、合併当初から高いマージンの実現を見込む。両社の年間販売台数は合計870万台で、新グループは世界第4位の自動車メーカーになるとのことだ。 

スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ビジネス | ハードウェア | 交通

 関連ストーリー:
トヨタとフィアット・クライスラー、ホンダ、三菱自の4社、広州汽車の車体をベースとした車の販売を計画 2018年11月02日
オランダ当局、スズキとフィアット・クライスラーに対し排ガス不正疑惑があるとして調査へ 2017年07月12日
Waymo、プロトタイプのポッド型自律走行車を退役させる方針 2017年06月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードクライスラープジョーシトロエンマセラティジープアルファロメオFCA

関連記事

広告

財経アクセスランキング