Twitter、政治広告を禁止に

2019年11月2日 14:43

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Twitterが11月22日より政治広告の掲載を禁止することを発表した(BBC)。これに対し米共和党は反発。一方民主党は歓迎する姿勢を見せている。

 一方で、「政治的かどうか」はTwitterが判断することになり、そのことに対し懸念を持つ意見もある(TechCrunch)。

 政治広告については偽情報やプロパガンダの拡散なども危惧されており、Facebookはこうした問題への対策として広告主の身元確認を厳格化する方針を定めていた(過去記事)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Twitter | 広告

 関連ストーリー:
Facebookへの投資に対し「リスクが増大している」との指摘 2019年03月28日
SNSなどでの偽情報やプロパガンダ拡散に大金を支払う工作組織 2018年10月26日
Facebook、選挙関連の広告主の身元をはがきで確認する方針 2018年02月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードTwitterFacebook

関連記事

広告