国際 RSS

 

中国の裁判所、初めて個人破産を認める

2019年10月29日 09:22

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 いままで中国では認められていなかった個人破産清算を、初めて温州市の裁判所が認めたという(South China Morning Post)。

 中国政府の公式データによると2019年7月現在1443万人の中国人が金融的な信用力がないと裁判所から判決を受けている。ローンや借金が増える中国人の経済行動によりGDP比家計負債は53.6パーセントで日本を越えようとしている。

 スラドのコメントを読む | 中国 | お金

 関連ストーリー:
中国で「iPad」の商標権を持つ企業、破産へ 2012年03月07日
中国、裁判所で音声認識や画像認識技術を導入へ 2018年07月04日
中国・浙江省、「転職を繰り返す人は社会的信用を下げる」仕組みを導入? 2019年04月10日
中国で「債務の返済が滞っている人」が半径500m以内にいると通知するアプリが開発される 2019年01月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国国内総生産(GDP)裁判

広告

財経アクセスランキング