ザ・リラクス、2020春夏コレクションを発表

2019年10月25日 18:18

小

中

大

印刷

記事提供元:アパレルウェブ


 「ザ・リラクス(THE RERACS)」が2019年10月24日、2020春夏コレクションを東京都渋谷区の会場で発表した。2010年にデザイナー倉橋直実がスタートした「ザ・リラクス」。クラシックなアイテムに、とことんこだわった上質な素材と独自のクリエイティビティでモダンな風を吹き込む同ブランド。今シーズンは、シックな色合いながら柔らかく軽い素材とカッティングとシルエットの美しさで春夏の爽やかさを表現した。
 「ザ・リラクス」らしい縦長のシルエットは、細いプリーツで立体的に揺らめくワイドパンツで強調される。流れるようなボトムスとの対比でトップスはヘムを潔くカットした短めのジャケットやプルオーバーでバランスを取った。白いドレスとマキシプリーツスカートの真っ白なスタイリングは圧倒的な存在感を放っていた。バンダナ柄のように見えるパターンには星があしらわれ、遊び心をのぞかせた。




 今シーズンはブロックチェックのシリーズが印象的。コート、セットアップ、スカート、ストールなど様々なアイテムで登場した。そしてコレクションのキーカラーとなるのはネイビー。濃紺のトレンチやモッズコート、ワンピースにはゴールドの大きめなボタンやアグレットをつけてアクセントをつけていた。
 ファッション業界にもファンが多く注目を集める「ザ・リラクス」。これから上質なメイド・イン・ジャパンをどのように発信し続けていくか、目が離せない。
 
「ザ・リラクス」2020春夏コレクション
取材・文:アパレルウェブ編集部

撮影:塩見徹

※この記事はアパレルウェブより提供を受けて配信しています。

関連キーワードザ・リラクス(THE RERACS)2020年春夏コレクション

広告

広告

写真で見るニュース

  • 第59回ルマン24時間耐久レース優勝車 マツダ787B(画像: マツダ許諾済み)
  • 重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.
  • 太陽と地球と月。
  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース