セブンイレブン、24時間営業を転換 深夜休業の指針策定

2019年10月24日 15:16

小

中

大

印刷

(c) 123rf

(c) 123rf[写真拡大]

写真の拡大

 セブン-イレブン・ジャパンはこれまでこだわり続けてきた24時間営業の方針を撤回し、深夜休業するかどうかについて加盟店オーナーの意向に委ねることを決めた。これに合わせ、深夜休業へ移行する際の手順をまとめた指針を策定、11月1日に全国の加盟店に配布する。

【こちらも】セブンイレブン、1000店の閉鎖・移転や人員適正化を発表

 指針は時短実験の方法や従業員の労務対応など加盟店のオーナーが深夜休業を検討する際、あらかじめ考慮しておくべき内容を記した。休業する時間帯や休業の開始時期などは本部と加盟店オーナーの合意で決めるとしているが、深夜休業を実施するかどうかの最終判断はオーナーに委ねる。

 セブン-イレブンは昨今の人手不足を考慮し、9月末現在で加盟店約230店舗が深夜休業の実証実験を進めている。このうち、8店舗が11月1日で実験を終え、正式に深夜休業に入る予定。8店舗の休業時間帯は最長で午後11時から午前7時まで認める。セブン-イレブンが実施した加盟店アンケートでは、1割強が時短の検討をしていると回答しており、深夜休業に踏み切る店舗がさらに広がるとみられる。

 日本のコンビニ業界は1970年代にセブン-イレブンが登場して以来、急速に発展、拡大した。その中でいつでも必要なものを買えるよう24時間営業が定着していったが、急速に進む人手不足で従業員の人件費が高騰。赤字となる時間帯が増えるとともに、加盟店オーナーの負担が大きくなり、24時間営業を続けたい本部側と限界を感じるオーナー側のあつれきが大きくなっていた。

 セブン-イレブン・ジャパンは2月、大阪府東大阪市の加盟店が深夜休業したのをきっかけに、加盟店と深夜休業について話し合いを重ねてきたが、本部側が事実上方針転換に追い込まれた格好。全国2万店以上の加盟店を抱える業界最大手だけに、ファミリーマートなど深夜休業の検討に入っている他社にも影響を及ぼしそうだ。(記事:高田泰・記事一覧を見る

関連キーワードセブンイレブン

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
  • さんすて岡山飲食ゾーンのイメージ(JR西日本など発表資料より)
  • 使用されているスーパーコンピュータ(画像: IBMの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース