政府、電動キックボードの規制緩和を検討

2019年10月23日 17:57

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 日本において電動キックボードは原動付自転車として区分されており、保安基準や各種規制に適合する必要があるほか、運転者に対しては免許の取得や保険への加入、登録などが義務付けられている。しかし、政府はこれらの規制を緩和することを検討しているようだ(ITmedia)。

 経済産業省は電動キックボードについて「高齢者の安全な移動や過疎地での移動手段確保のための選択肢」と考えているとのことで、大学構内などでの実験については規制の例外とすることを考えているという。

 スラドのコメントを読む | 日本 | テクノロジー | ビジネス | 政府 | 交通

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード高齢者経済産業省過疎