東京モーターショーで500機のドローンが夜空を乱舞するスペクタクルショー

2019年10月23日 13:10

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

一般社団法人・日本自動車工業会(豊田章男会長)は、このほど、「第46回東京モーターショー2019」(東京ビッグサイト、一般公開日:2019年10月25日(木)から11月4日)で、東京モーターショーとしては初の試みとして・・・。

一般社団法人・日本自動車工業会(豊田章男会長)は、このほど、「第46回東京モーターショー2019」(東京ビッグサイト、一般公開日:2019年10月25日(木)から11月4日)で、東京モーターショーとしては初の試みとして・・・。[写真拡大]

写真の拡大

■初の試み、インテルの最先端テクノロジーにより音や光とシンクロして飛行

 一般社団法人・日本自動車工業会(豊田章男会長)は、このほど、「第46回東京モーターショー2019」(東京ビッグサイト、一般公開日:2019年10月25日(木)から11月4日)で、東京モーターショーとしては初の試みとして、500機の小型ドローンが最先端テクノロジーとシンクロして上空を乱舞する夜空のスペクタクルショーを開催する。ショーの開催は10月24日から27日までの4日間限定。

■「未来のモビリティ・エンターテインメント」提案のひとつ

 未来のモビリティ社会の主要なインフラの1つとなるドローンを活用した「未来のモビリティ・エンターテインメント」の提案として、インテルの「ShootingStar(シューティングスター)ドローン」が、3Dサウンド、レーザー、ライティングなどとシンクロする。全く新しい体験型のナイトショーになるという。

■総合演出はダンスミュージックフェスや未来型花火ショーを手掛けた小橋賢児氏

 総合演出は、東京「お台場」周辺エリアでの世界的ダンスミュージックフェス「ULTRA JAPAN」や、未来型花火エンターテインメント「STAR ISLAND」など、数多くのイベントを手掛けてきた注目のクリエイティブディレクター小橋賢児氏。ドローン・ライトショー・システムを手掛けるのはインテルコーポレーション。

 インテルは、ギネス世界記録となる2000機以上もの「インテルShootingStarドローン」を飛行させるなどを持つなど、輝かしい実績を誇る。一人のパイロットの操縦で数百ものドローンを飛行させることが可能な「ライト・ショー」という全く新しいエンターテインメントを提供した企業であり、40億ものカラー・コンビネーションを実現可能な、エンタメ専用のドローンにてショーを実現している。

 今回は、世界最先端のテクノロジーと日本演出チームとの共作により、未だかつてない壮大なスケール感のエンターテインメントショーを創り出すとしている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【特集】金価格関連株に注目、穴株は金庫株、メガバンク株は逆張りも一考の余地(2019/08/19)
【特集】「究極のディフェンシブ株」はこれだ!ラッキーセブン銘柄(2019/08/13)
【編集長の視点】JSSは反落も2ケタ増益転換の1Q業績見直しに2020東京五輪関連人気が加わり押し目買い妙味(2019/09/02)
【特集】「全米オープンテニス大会」と「ラグビー・ワールドカップ」のスポーツ・イベント関連銘柄を探る(2019/08/05)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング