タエ アシダ、2020年春夏コレクション 新時代を見つめたアーティスティックなピース

2019年10月22日 09:44

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 タエ アシダ(TAE ASHIDA)の2020年春夏コレクションが、2019年10月18日(金)、東京・六本木のグランド ハイアット 東京にて発表された。今シーズンも2019-20年秋冬にデビューしたメンズコレクションを織り交ぜての新作披露となる。

■アーティスティックなモチーフ

 時代の変化や流れに目を向けたという今季は、グラフィカルなモチーフや、軽やかな色遣いが印象的。ファーストルックは、コンテンポラリーアートのようなイラストをあしらったトップスに、カラフルなペイントを施した優美なシルエットのロングスカートをスタイリングしたもの。続いて現れるメンズルックのジャージトップスにも、目や唇などを模したグラフィックが描かれている。

 アーティスティックなピースは今シーズンのシグネチャーであり、バックスタイルにフェイスモチーフをあしらったメンズブルゾン、色とりどりの幾何学模様を敷き詰めたオフショルダードレス、日本の浮世絵を連想させるジオメトリックなホルターネックワンピースやメンズシャツなどが続々と顔を出し、ランウェイを色鮮やかに染め上げていく。

 金魚を散りばめたワンピースや、鯉をあしらったドレス、とかげの刺繍を施したジャケットなど、生物モチーフを取り入れた遊び心溢れるピースも揃った。

■ディテールで軽やかさを加速

 春夏らしい軽やかなムードを演出しているのは、グラフィカルなパターンや、華やかなカラーリングだけではない。プリーツやラッフル、フリンジといったディテールも、軽快でリズミカルな印象を生み出すのに一役買っている。細やかなプリーツを入れたパステルカラーのマルチボーダードレスや、チュールを幾重にも重ねたシルクドレスは、モデルが歩くたびにゆらゆらと揺れて、可憐な表情を見せる。

 メタリックな輝きを放つプリーツドレスは、袖にもたっぷりのフリルをあしらって。どこかエキゾチックな魅力を纏ったジグザグ模様のポリエステルジャカードドレスにも、胸元や袖にフリンジを配して、動きのあるルックへと導いた。

■バッグ&シューズもカラフル

 小物類で目を惹いたのは、カラーコントラストを効かせたバッグ。パープルにイエローのラインを走らせたトートバッグや、ホワイトにネイビーのラインを配したチェーンバッグなどが現れた。足元にもパープルにオレンジや水色を組み合わせたポップなストラップサンダルが登場し、全身で鮮やかな色彩を楽しむシーズンとなっている。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード浮世絵タエ アシダ(TAE ASHIDA)2020年春夏コレクション