21日のNY市場は上昇

2019年10月22日 06:37

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;26827.64;+57.44Nasdaq;8162.99;+73.44CME225;22690;+120(大証比)

[NY市場データ]

21日のNY市場は上昇。ダウ平均は57.44ドル高の26827.64、ナスダックは73.44ポイント高の8162.99で取引を終了した。中国副首相が閣僚級協議の進展に言及したほか、ジョンソン英首相が離脱期限の延期を欧州連合(EU)に申請したことが伝わり、買いが先行。航空機メーカーのボーイング(BA)が下落しダウの重しとなったものの、7-9月期決算への期待から堅調推移となった。セクター別では、銀行や運輸が上昇する一方でヘルスケア機器・サービスや電気通信サービスが下落した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比120円高の22690円。ADRの日本株はソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>が冴えない他は、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、キヤノン<7751>、HOYA<7741>、資生堂<4911>、富士通<6702>、TDK<6762>など、対東証比較(1ドル108.61円換算)で全般しっかり。《FA》

広告