東芝、高頻度取引向けのハードウェア実証機を開発

2019年10月21日 17:17

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 東芝が、高頻度取引(HFT)向けのコンセプト実証機を開発したと発表した

 ターゲットは外国為替市場における多数通貨間裁定取引で、「利益率が最大となる裁定取引の機会を90%以上の高確率で発見」し、売買注文の発行までをマイクロ秒単位の時間で行えるという。

 なお、東芝は金融ソリューションの研究開発に注力するようで、人材公募を行っている公開されている条件は賞与含め年収1000万~2000万円、3年程度の有期限の嘱託雇用になるそうだ。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | テクノロジー | ハードウェア | 人工知能 | お金

 関連ストーリー:
世界を支配する10のアルゴリズム 2014年05月25日
「もっとも高給」といわれるHFTプログラマになるにはどうすればよい? 2011年08月02日
トレーディング用アルゴリズムの開発者ら、給与の不満を抱く 2010年08月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード東芝

広告