ジェニー ファックス、2020年春夏コレクション発表

2019年10月21日 17:16

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ジェニー ファックス(Jenny Fax) 2020年春夏コレクションが、2019年10月18日(金)高田馬場・ゲーセンミカドで開催された。テーマは、“トレジャー”。

■ノルウェイの街で見つけた“宝物”

 会場となったのは、デザイナーのシュエ ジェン ファンが携わるもう1つのブランドミキオサカベ(MIKIO SAKABE)のショーにも使用されたゲームセンター。今季は、シュエ ジェン ファンがノルウェイの小さな街で見つけたショーウィンドウのデコレーションを着想源に、ブランドらしい“とびきり”ガーリーなワードローブを提案する。

■フォーマルだってガーリーに!

 ショーの始まりを飾ったのは、漆黒で染まったセットアップ。“ブランドらしくない”そのシックな佇まいに一瞬目を疑ったが、ランウェイでモデルが近づく度にその仕掛けは明らかになっていく。膝丈のパンツはドロワーズのように“キュッ”と裾を絞ってガーリーに。会場を横切るモデルの後ろ姿は、ぱっくりと背中が露わになっており、おまけに足元はたっぷりのフリル付きのソックスでキュートに仕上げている。

 フォーマルをもとにしながらも可愛く。そんなデザイナーの遊び心が反映されていくかのように、セットアップの色や柄も次々にチェンジ。ブルー地にたっぷりの薔薇を散りばめた、ロマンティックなムードの一着も登場した。

■ディテールを強調

 “日常の洋服”を基にしたワードローブは、ガーリーなディテールを強調して。赤いミニスカートに合わせたブラウスは、バスト下から大胆にラッフルをプラス。大きな丸襟をあしらったダンガリーブラウスや、胸元にフリルをたっぷりとあしらった小花模様のカットソーなども登場する。

■PVCをドレッシーに着こなす

 レースやチュールなど、ガーリーな要素を掛け合わせたレイヤードスタイルも散見された。ショーの中盤に差し掛かると、そこに加わるのはモデルの肌を透かせるPVC素材。ケープのように立体的なフォルムを描くPVCは、レースのリボンを裾にあしらうことで、ドレッシーなムードに。下に差し込んだドレスの小花模様も相まって、可憐なムードに仕上げている。

■デコラティブな“ギブス”

 洋服とコーディネートされたキッチュなアクセサリーにも注目したい。モデルたちが、腕や首にこぞってはめた“ギブス”は、バラやテディベア、リボン、“キラキラ”パーツをあしらってデコラティブにアレンジ。それはまるで、怪我をしたときだって“女の子”であることを楽しんでいるかのようだ。また貴婦人のようにボリューミーにスタイリングしたヘアには、フリルとフラワーモチーフを重ねた髪飾りで、エレガントなムードをプラスしていた。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードミキオサカベジェニー ファックス(Jennyfax)2020年春夏コレクション

広告