凸版印刷、AIによる「校閲・校正」システム開発 金融向けに

2019年10月21日 07:09

小

中

大

印刷

システムの利用イメージ。(画像:凸版印刷発表資料より)

システムの利用イメージ。(画像:凸版印刷発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 凸版印刷は「AI校閲・校正支援システム」を開発し、10月より金融業界向けに販売を開始した。企業特有の表現や金融業界の専門用語などをAIが学習し、それぞれの企業の基準に合わせて文章の校閲・校正を行う。

【こちらも】DNP、AIで印刷物の校正・校閲を省力化へ 13社と合同検証

 今回の開発の背景には、情報発信方法の多様化による政策担当者の業務負荷増加や、制作物のクオリティのばらつきがある。企業の情報発信量も増加しており、これに伴い、印刷物やWebなど企業の制作物も増えている。

特に金融業界では業界特有の用語も多く、制作物に対するクオリティのばらつきや、制作レギュレーションを徹底することの難しさもあり、制作関係者が複数回チェックする必要があるなど、負担が高まっている。また、誤った情報発信による炎上や、それに伴い企業イメージを損なうなど、リスクが高まっている。そのため、業務の効率化や情報発信のリスク軽減が求められてきた。

 AI校閲・校正支援システムは、3つの特徴を持つ。1つ目はAIを活用した誤表記の検出だ。AIが業界や企業独特の表現を学習することで、各企業が要求する基準で検出し、漢字の誤変換や誤字脱字など、文脈に合わせた検出も可能。

 2つ目の特徴は、制作レギュレーションをシステムが管理する点にあり、品質のばらつきを防ぐことができる。3つ目は、制作業務に最適なインタフェースだ。赤字入れや修正の指示など、制作途中でのチェックが可能なインタフェースを提供している。

 凸版印刷では、AI校閲・校正支援システムを、24、25日に東京国際フォーラムで開催される「FIT2019 金融国際情報技術展」の同社ブースにて展示する。今後は、金融業界向けとして、2020年度までに20社の導入、2022年度までに100億円の受注を目指す。合わせて、金融業界以外に向けた機能の開発を進め、さまざまな業界へも展開する予定だ。(記事:まなたけ・記事一覧を見る

関連キーワード人工知能(AI)凸版印刷

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース