日経平均テクニカル:反発、新高値もRSI中立圏で上値余地

2019年10月18日 18:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:15JST 日経平均テクニカル:反発、新高値もRSI中立圏で上値余地
18日の日経平均は反発。ザラ場高値と終値がともに今年最高値を付け、5日線や25日線が上昇を続け、強い上げトレンド継続を示唆している。ただ、ローソク足は3日連続で上ヒゲを出し、上値での売り圧力の強さも確認された。一目均衡表では、転換線と基準線が上昇して短期的な上昇トレンド継続を示唆。ボリンジャーバンドでは、終値は+2σ直下をキープし、上値追い継続を窺う形勢。RSI(14日ベース)は58.97%(昨日58.67%)と中立圏にとどまり、上値余地を残している。《FA》

広告