吉野家、中華の鉄人・陳建一氏監修「麻辣牛鍋膳」 120周年記念で限定発売

2019年10月16日 17:08

小

中

大

印刷

(画像: 吉野家の発表資料より)

(画像: 吉野家の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 吉野家は15日、創業120周年記念として、中華の鉄人・陳建一氏が監修する「麻辣牛鍋膳」を期間限定で発売した。合わせて、冬の定番となっている「牛すき鍋膳」の発売も開始する。

【こちらも】株価もエールを送る? 吉野家の回復基調に期待したい理由

 「麻辣牛鍋膳」は並盛748円(価格はいずれも税別)、「牛すき鍋膳」は並盛648円となる。どちらのメニューも、大判のすきやき用牛肉を使用しているのが特徴になる。「牛すき鍋膳」は、2013年冬の登場から、「うまい・やすい・ごゆっくり」をコンセプトとして人気を博し、冬の定番メニューとなっている。そして創業120周年記念を締めくくる商品として、新たに投入されることになるのが「麻辣牛鍋膳」となる。

 「麻辣牛鍋膳」は、中華の鉄人・陳建一氏を監修に迎え、本格的な鍋として完成させている。陳建一氏は単なる監修に留まらず、麻辣タレの配合をこの鍋のために行ったというのだから、その気合の入りようが伺える。

 また、「牛すき鍋膳」は吉野家の冬の定番料理として完全に定着しているメニュー。今回発売される「牛すき鍋膳」は、これまでより牛肉の旨味と風味を濃厚に凝縮させている。

 吉野家は、120周年記念としてこれまで「牛丼 超特盛」、「牛丼 小盛」、「ライザップ牛サラダ」、「特撰すきやき重」を発売してきた。また、「牛丼・牛皿全品 10%オフキャンペーン」も行っている。120周年記念を締めくくるメニューとして、「麻辣牛鍋膳」「牛すき鍋膳」にかかる期待も大きいだろう。

 120周年記念を締めくくるのは、吉野家のコンセプトである「うまい、やすい、はやい」を体現する牛丼ではない。「うまい・やすい・ごゆっくり」をコンセプトとする鍋となる。提供にもひと手間がかかり、食事にも時間がかかる鍋を楽しみにしている吉野家ファンは多いだろう。

関連キーワード吉野家

広告

広告

写真で見るニュース

  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース