ソニー、開発中の新型AR HMD試作機を公開

2019年10月15日 18:19

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 ソニーが新型のAR(Augmented Reality)向けヘッドマウントディスプレイ(HMD)を公開した。このデバイスは映画「ゴーストバスターズ」のイベントで実証実験として使われるという(日経xTECHCNET Japan)。

 ぱっと見はPSVRっぽい外見。スタンドアロンで動作するタイプのようで、ディスプレイ性能は既存のAR HMDよりも高性能っぽい。ただこのデザインだと常時付けた状態で生活するのは恥ずかしそう。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | テクノロジー | ハードウェア

 関連ストーリー:
「Google Glass」に機能を大幅強化した新モデルが登場 2019年05月23日
Lenovo、折り畳み有機EL採用PCやARゴーグル試作品を公開 2019年05月17日
ARゴーグル「Magic Leap One」、Oculus創業者が酷評 2018年09月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードソニーヘッドマウントディスプレイ

広告

写真で見るニュース

  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
  • 極大を迎えるミラの位置 (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース