日本基礎技術が急伸、台風災害復旧銘柄の中で値動き強く注目増幅

2019年10月15日 09:36

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■「まずは値動きのいい銘柄に乗る」様子が

 日本基礎技術<1914>(東1)は10月15日、一段高で始まり、取引開始後に11%高の389円(37円高)まで上げて戻り高値を更新した。地盤改良工事などを行い、この週末の台風19号による災害を受けて材料視する動きが出ている。

 「台風通過後は災害復旧銘柄が来るとみていたが、どの銘柄が来るかは来てみないとわからないので、まずは値動きのいい銘柄に乗る」(市場関係者)という見方がある。同社は大阪本社で、今回の台風災害が大きいのは東日本が中心だが、とにかく飛び乗る動きによって値上がりが増幅されている面はあるようだ。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
レカムは調整一巡、19年9月期3Q累計は減益、4Qの挽回期待(2019/08/26)
LibWorkは注文住宅メーカー、20年6月期大幅増収増益・増配予想(2019/08/26)
うかいは調整一巡、20年3月期1Q営業減益だが通期営業増益予想(2019/08/23)
【特集】熱中症予防関連銘柄へアプローチ!定番・常連銘柄&意外銘柄は?(2019/07/29)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「2020 トップセーフティピック+」という最高の安全評価を受けた北米マツダのCX-5(画像: マツダUSA発表資料より)
  • フィッシャープライスのバイリンガル知育玩具「バイリンガル・わくわくピアノ」。(写真:マテル・インターナショナル発表資料より)
  • 大丸芦屋店1階のリニューアルイメージ(大丸松坂屋百貨店発表資料より)
  • 研究グループが開発した世界最小のクロック回路を搭載したチップ写真(写真:東工大の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース