竹中工務店、SNS投稿をAIが分析しまちの状態可視化 「ソーシャルヒートマップ」開発

2019年10月13日 17:01

小

中

大

印刷

「ソーシャルヒートマップ」の解析スキーム(画像: 竹中工務店の発表資料より)

「ソーシャルヒートマップ」の解析スキーム(画像: 竹中工務店の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 竹中工務店は、まちに関するSNSの投稿を解析して表示する「ソーシャルヒートマップ」を開発した。まちを訪れて発信したSNSの投稿内容をAIが解析し、投稿した人の感想などを可視化、解析結果に加え、政府や自治体が公開したまちづくりに関するデータなどを補完してまちづくりに役立つデータを提供する。

 近年、AI技術が多くの分野で活用される中、ビッグデータやAI技術を活用し、まちづくりに役立つ取り組みが模索されている。

 中でも「人」に関するデータは特に重要であり、これまでも、人数、位置、滞在時間などの量的な情報は把握されてきた。一方で、「なぜその人がその場所を選んだのか?」「その場所がどんな印象だったのか?」といった、その人の視点にたった質的な情報の把握は難しい状況だった。

 また、SNSの投稿内容を解析した事例は多いものの、まちに関わる情報の解析はほとんどなく、まちに関する質的評価と位置情報が結び付いたデータが求められていた。

 竹中工務店が開発した「ソーシャルヒートマップ」は、位置情報とまちに関する質的評価を結び付け、タイムリーに可視化した情報を表示できることが特徴となっている。

 解析方法は、まず、まちに関する位置情報付きのSNS投稿をAIが独自アルゴリズムで分析する。AIの分析結果を抽出し、年代や性別などの属性情報、食事やイベントなどのカテゴリ、印象などの各項目に分類し、情報として蓄積。それをグラフやキーワードによる表示などにより、可視化する。

 竹中工務店は、「ソーシャルヒートマップ」を通じてテナント誘致やまちの活性化に役立つデータを提供する。また、今後はより高い精度のデータを提供できるよう、自治体や企業との実証実験を進めていく予定だ。

 「ソーシャルヒートマップ」は、15日から18日に開催される「CEATEC 2019(シーテック 2019)」の竹中工務店ブースにて公開する。(記事:まなたけ・記事一覧を見る

関連キーワードビッグデータ人工知能(AI)竹中工務店

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース