スポーツ・機能性飲料「まったく飲まない」が28.6%、15年間で2.5倍に マイボイスコム調査

2019年10月5日 08:27

小

中

大

印刷

「スポーツ・機能性飲料を飲む頻度は?」(画像: マイボイスコムの発表資料より)

「スポーツ・機能性飲料を飲む頻度は?」(画像: マイボイスコムの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 マイボイスコムの調査によると、スポーツ・機能性飲料を愛飲する人の割合が減っており、「まったく飲まない」と答えた人の割合が過去の調査と比べて3倍近くに増えていることが分かった。

【こちらも】国内清涼飲料市場、18年は1.0%増 「無糖」ブームで紅茶飲料好調 富士経済

■月1回以上飲む人は4割程度

 4日、ネットリサーチサービスなどを提供するマイボイスコムが「スポーツ・機能性飲料の利用に関するアンケート調査」を発表した。これは、10代から70代の男女1万190人を対象にインターネット調査を行ったもので、2017年9月についで13回目。

 スポーツ・機能性飲料を飲む頻度を尋ねたところ、「ほとんど毎日」は3.6%、「週に3~4回程度」は4.6%、「週に1~2回程度」は11.2%、「月に数回程度」は12.9%、「月に1回以下」は10.0%、「それ以下」は29.2%、「まったく飲まない」は28.6%だった。

■「まったく飲まない」人が3倍近くに

 2004年10月に実施した第2回調査では、「ほとんど毎日」は6.3%、「週に3~4回程度」は9.6%、「週に1~2回程度」は21.3%、「月に数回程度」は20.4%、「月に1回程度」は9.3%で、月に1回以上飲む人の合計で6割を超えていた。また、「それ以下」は21.9%、「まったく飲まない」は11.2%となっており、ここ15年程でスポーツ・機能性飲料を飲まない人の割合は約2.5倍に増えている。

■ポカリスエットとアクエリアスが双璧

 直近1年間で飲んだことのある具体的な飲料名を尋ねたところ、ポカリスエット(大塚製薬)が58.3%、アクエリアス(日本コカコーラ)は52.7%で、この2つが飛び抜けて高い。過去の調査ではともに60%を超えていたこともあり、最近の調査ではやや落ちてはいるものの継続して50%を超えている。

 3位以下は、グリーン・ダカラ(サントリー)(21.5%)、アクエリアス・ゼロ(日本コカコーラ)(16.1%)、ドデカミン(アサヒ飲料)(13.2%)、ポカリスエットイオンウォーター(大塚製薬)(11.0%)、DAKARAフレッシュスタート(サントリー)(10.7%)、ビタミンウォーター(サントリー)(7.6%)、アクエリアス1日分のマルチビタミン(日本コカコーラ)(6.5%)などとなっている。

■購入では「味」「価格」を重視

 スポーツ・機能性飲料に期待する効果を尋ねたところ、最も多かったのは「水分補給」で75.4%だった。ついで「熱中症対策・予防」(55.9%)、「運動時や前後に、適切な栄養素やエネルギーの補給」(21.0%)、「体調を整える」(17.4%)、「運動後の疲労回復」(15.3%)、「健康維持」(10.4%)、「栄養素の摂取、栄養補給」(10.1%)、「風邪の回復をうながす」(8.4%)、「運動効果を高める」(7.7%)、「腸内環境改善」(5.1%)、「二日酔い対策」(3.9%)なととなっている。

 また購入時の重視点を尋ねたところ、「味」が最も多く58.2%、ついで「価格」が44.1%となり、「機能・効果」「飲み慣れている」「成分」などがそれぞれ20%台だった。

■「甘い」が不満点

 スポーツ・機能性飲料の不満点として寄せられた意見の中では「少し甘すぎる。ダイエットしているので飲みすぎると気になってしまう」「甘すぎると感じることがある。糖分を取りすぎていないか心配になる」「甘すぎること。水分補給のために飲むが、口の中がべたべたになって不快」と甘く感じている意見がみられる。

 また、「汗をかいたときや疲れたときに飲むと美味しいが、普段飲むと味が薄く感じる」「飲んだあとに喉が渇かないような味にしてほしい」「メロン味やイチゴ味など変わった味があると楽しいのですが」のように味に対する不満が目立った。(記事:県田勢・記事一覧を見る

関連キーワードサントリーアサヒ飲料大塚製薬

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース