Microsoft、IEの脆弱性に対する更新プログラムをリリース

2019年9月26日 18:35

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 headless曰く、

 Microsoftは23日、Internet Explorerの脆弱性(CVE-2019-1367)を発表するとともに、セキュリティ更新プログラムをリリースした(セキュリティ更新プログラムガイドNeowinWindows CentralThe Register)。

 CVE-2019-1367はスクリプトエンジンのメモリ破損の脆弱性で、悪用すると現在のユーザーのコンテキストでリモートからの任意コード実行が可能になるというもの。既に攻撃が確認されており、深刻度の評価はクライアント系で「緊急」、サーバー系で「警告」となっているが、現在のところ更新プログラムはWindows Updateで提供されず、Microsoft Updateカタログからダウンロードして適用する必要がある。また、回避策として「jscript.dll」のアクセス許可を変更する方法が紹介されている。

 Windowsバージョン別のKB記事およびダウンロードリンクは以下の通り。

 KB4522007Microsoft Updateカタログ): Windows 7 SP1/8.1/ServerR2 SP1/2012(IE10/IE11)/2012 R2/2008 SP2(IE9)KB4522009Microsoft Updateカタログ): Windows 10(RTM、ビルド10240)KB4522010Microsoft Updateカタログ): Windowsバージョン1607/Server 2016KB4522011Microsoft Updateカタログ): Windowsバージョン1703KB4522012Microsoft Updateカタログ): Windowsバージョン1709KB4522014Microsoft Updateカタログ): Windowsバージョン1803KB4522015Microsoft Updateカタログ): Windowsバージョン1809/Server 2019KB4522016Microsoft Updateカタログ): Windowsバージョン1903 

スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | インターネットエクスプローラ

 関連ストーリー:
HPのセキュリティプロジェクトチーム、IEの未修正脆弱性情報概要を公開 2015年07月28日
不具合修正はWindows 10を優先する、というMSの姿勢に対し批判が出る 2017年10月23日
Wordのゼロデイ脆弱性を修正するパッチがリリースされる 2017年04月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード脆弱性セキュリティMicrosoftWindowsWindows 10Windows 7Internet ExplorerWindows Update

広告