ライフ RSS

 

おすすめできない副業 (16) 「バイナリーオプション」

2019年9月24日 11:28

小

中

大

印刷

 SNSなどでも副業の紹介が行われているのをよく見かける。特にTwitterやInstagramなどで、「バイナリーオプション」という単語を見たことはないだろうか。副業として稼げると様々なアカウントで言われているが、これを副業にするのはおすすめしない。今回は、バイナリーオプションとはどういうものなのか、おすすめしない理由を紹介したい。

【こちらも】おすすめできない副業 (15) 「集客代行」

■バイナリーオプションとは?

 バイナリーオプションとは為替金融商品の一つで、株やFXのように値段が上昇するか下降するかを予測して商品を購入・売却し、儲けを産み出す仕組みだ。

しかし、株やFXと大きく異なる点が一つある。株やFXは、その上昇した額や下降した額がそのまま利益や損失につながってくるが、バイナリーオプションはその値幅は関係なく、利益・損失の額はあらかじめ固定されている。つまり、ハイアンドローを予測して固定した額を得たり失ったりするため、丁半博打に近いものがある。

■あくまでも博打、しかも詐欺が横行している

 丁半博打と同じようなものなので、確率としては50%で利益を得られる。だからこそ損失は無いようにも見えるが、業者を挟んで取引をする必要があり、理論上はその手数料分失っていくことになるだろう。

 また、バイナリーオプションをおすすめするSNSアカウントなどが多数存在するが、これは詐欺アカウントであることが多い。特にこのようなアカウントは、プロフィールの写真が綺麗な女性であったり、日頃からアップしている写真が海外旅行に行ったものやブランドバックなどを映したものだったりと「稼げているアピール」をしている。

そんな人が、自らおすすめの方法をレクチャーするというので、引っかかってしまう人がいるのだ。こうしたアカウントは、その後に商材を販売したり、紹介料が貰えるバイナリーオプションの業者を紹介したりと、自分の利益のために行動をとっていく。

■バイナリーオプションは、副業とは言い難い

 副業は自分のスキルや経験を高めたりするところにも良さがある。しかし、バイナリーオプションはほぼ博打をしているのと変わらない。しかも詐欺などのリスクが近くに存在するため、リスクも大きい。副業を始めようとする人が、まずとりかかるものとしてはおすすめできないといえる。(記事:後藤遼太・記事一覧を見る

関連キーワード副業

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース