月と地球をワイヤーのようなもので結ぶ「スペースライン」が提唱

2019年9月19日 17:59

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 地球から宇宙に向けて巨大な建造物を作り、それを用いて宇宙と地球を繋ぐ「宇宙(軌道)エレベーター」のアイデアは古くからあるが、材料などの理由から現在の科学では実現不可能とされる。そこで、これに変わる新たなアイデアである「スペースライン」というものが考案されているそうだ(TechCrunchScienceAlert)。

 スペースラインは、建造物ではなくワイヤーのようなものを利用する技術。ケンブリッジ大学およびコロンビア大学の宇宙科学者2人が提唱している。今回提唱されているのは、地球の地表から42,164kmの位置に静止衛星を設置し、そこへ向けて月面からワイヤーを伸ばすというもの。地球から月へはまずこの静止衛星まで何らかの手段で行き、そこからはワイヤーを使って進む。

 ラグランジュ点を跨いでワイヤーを伸ばすことで、安定してワイヤーを設置することができるという。このスペースラインはタワーというよりスカイフック寄りのコンセプトになっており、既存の材料を使って実現可能で、コストは数十億ドル程度だという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | テクノロジー | 宇宙

 関連ストーリー:
中国清華大学、軽量かつ強靭なカーボンナノチューブ由来の繊維を開発 2018年11月01日
大林組、宇宙エレベーター構想を公表 2012年02月23日
富野由悠季が描く軌道エレベータは「らせん状」 2011年03月24日
宇宙エレベータの揺れ、コリオリの力も原因 2008年12月15日
宇宙エレベータが直面する「揺れ」の問題 2008年03月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告