政府、技術流出防止へ外資出資の規制を強化

2019年9月19日 18:00

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 政府が技術流出防止を目的に、特定業種の企業について外資の出資規制を強化する方針だという(時事通信共同通信日経新聞)。 対象の業種は軍事技術、航空宇宙、資源・運輸インフラ、通信・放送などで、今までは外資が10%以上の株式を取得する際に事前の届出が必要だったが、今後はこれを「1%以上」に変更する。

 20年遅過ぎたと思うが、まあ失われた20年の真っ最中に、株価を下げるようなこともできなかった、当時の政権の苦悩も理解する。

 スラドのコメントを読む | 日本 | ビジネス | 政府

 関連ストーリー:
Googleのシュミット会長、人々の生活水準向上には新興企業の創出促進が必要と述べる 2014年03月13日
ジャパンディスプレイ(JDI)、中国・台湾の資本受け入れへ 2019年04月05日
SNKプレイモア、中国企業に買収される 2015年08月11日
シャープ、12月7日付けで東証1部に復帰 2017年12月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。