フィリピンで拘束の「漫画村」元運営者、日本に移送され逮捕へ

2019年9月19日 12:08

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 フィリピンで拘束されていた、漫画海賊版配信サイト「漫画村」の元運営者が、日本に強制送還される方針が決まったとのこと。日本への移送後、福岡県警などの合同捜査本部による逮捕が行われるようだ(ロイター日経新聞)。

 容疑者は日本国籍のほかドイツおよびイスラエルの国籍も持っているとのことで、両国との調整が行われていたという。

 「漫画村」についてはすでに閉鎖されているが、海外で同様のサイトの運営が確認されているとのことで、このサイトに対し大手出版社4社が米国で提訴を行なっていることも報じられている(読売新聞朝日新聞)。なお、この海賊版サイトも17日以降は繋がらない状態になっているとも伝えられている。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | 犯罪 | 海賊行為 | 著作権

 関連ストーリー:
「漫画村」の運営者と見られる男性がフィリピンで逮捕される 2019年07月09日
Cloudflare、海賊版サイト「漫画村」の運営者を開示 2018年10月10日
NTTグループ、漫画海賊版配布サイトのブロッキングを行わない方針に 2018年08月07日
漫画海賊版サイト閉鎖で漫画家の収益は増えるのか 2018年06月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードフィリピン海賊版