米マクドナルド、ドライブスルーをAI化へ

2019年9月18日 12:00

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 米McDonald'sがドライブスルーでAIを利用した注文受け付けシステムを導入するそうだ。すでに米国内の複数の店舗でテストされており、客が注文を伝えている相手はロボットかもしれないという状況だという(BBCCNETTechCrunchSlashdot)。

 McDonald'sは9月10日に多言語での音声注文を理解する技術を持つ企業Apprenteを買収。同社は3月に意思決定論理技術を持つDynamic Yield社も買収すると発表しており、これら技術を組み合わせることで音声で注文を受けるだけでなく、それに対して適切な提案をする、といったことが可能になるかもしれないという。

 ただ、自動化と新技術を導入した結果、解雇される労働者が増えるのではないかという指摘もある。オックスフォード・エコノミクスのアナリストによれば、最大2000万人の製造業の雇用が2030年までにロボットに置き換えられる可能性があるという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | テクノロジー | ハードウェア | IT | ロボット

 関連ストーリー:
Uber、今年の夏からドローンでのハンバーガー配達を開始。サンディエゴからスタート 2019年06月19日
米ファストフード業界、最低賃金アップで機械化が加速 2018年01月12日
飲食業界ではすでにロボットが人間の職を奪いつつある 2016年12月14日
飲食店でのセルフ注文、どう思う? 2014年10月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードマクドナルドロボット人工知能(AI)

広告