Amazon、「置き配」を標準の配送方法とする実証実験を岐阜県で実施へ

2019年9月18日 08:56

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 nemui4曰く、

 Amazon.co.jpが、配達場所近辺に荷物を置くことで配達完了とする「置き配」を標準の配送方法をする実証実験を岐阜県で実施する(MarkeZine)。

 実験地域は岐阜県多治見市出、期間は10月から11月までの約1か月間。明示的に対面での受け取りを希望しない限り、在宅・不在に限らず「置き配」で配達完了とされる。

 置き配を希望する場所をリストから選択できるとあるけど、デフォルト設定を決めておくってことなのかな。この間「置き配」にチェック入れてみたら、在宅だったのに置いていかれてたのはそういうわけだったんだ(not 岐阜県)。極力省力化/効率化をはかるってことなんでしょうね。

 スラドのコメントを読む | 日本 | ビジネス

 関連ストーリー:
Amazon.co.jpの「置き配」、指定していないにも関わらず勝手に荷物を玄関に置かれていたという事案 2019年03月25日
ラストワンマイルを担う宅配ロボットの官民合同協議会設立へ 2019年06月26日
窃盗のターゲットとして狙われる宅配ボックス 2018年11月16日
電柱に宅配ロッカーを設置するサービス、関西電力が試験的に開始 2018年11月05日
ゆうパック、再配達依頼なしでの再配達を取りやめへ 2018年03月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード岐阜県AmazonAmazon.co.jp

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース